FreeNAS 11 の稼働を始めて7カ月ほど経ちますが・・・
予算の関係もあって、最初のマシン構成はこんな感じになっていました。

  • CPU+MB: ASRock J4105 ITX (CPUオンボード)
  • メモリ: シリコンパワー DDR4-2400(PC4-19200) 4GB×2枚
  • HDD: シーゲート IronWolf 4TB 2個
  • 電源: SilverStone SFX電源300W (SST-ST30SF-V2)
  • ケース: RAIJINTEK METIS PLUSシリーズ Mini-ITX
  • OS起動メディア: USBスティックメモリ 32GB

↓↓↓ 詳しくはこちらを御覧ください。
NASマシーン自作機を組み立てて、FreeNASをインストール

もっと快適に使うために、メモリ容量ハードディスクの数を見直しして増設しました。

変更点

  • メモリ:8GB → 20GB に増設
  • ハードディスク:1台増設して、RAID 1 → RAID Z へ変更

メモリはコピー等の処理を行うとすぐに容量を使い切ってしまい、コピーの速度が全く出ないので増設をしようと思いました。
ハードディスクは、使用可能領域に今は全く不満はなかったんですが、今後も考えて今のうちに3台のRAID Zに変更しようと思いました。

メモリ:8GB → 20GB に増設

FreeNasの最低メモリ容量が8GBということだったので、
4 x 4 = 8GB だと非常に苦しい運用でした。
大きいファイルをコピーし始めたらあっという間にメモリ使い切ってしまい、コピー速度も全く出ませんでした。

認識不足

DDRというものを全く認識不足していたのですが、
同じメーカーの、同じ容量、同じ時期に販売・・・となってなければいけないと思っていました。
DDRという物は2枚さして初めて能力を最大限発揮するものだと。
でもこれは大きな認識不足でした。
全く別な物でも大丈夫、メモリの速さに比べたら体感できるほどの差は余りないんだ、と初めて知りました。
モニターに出力などしないからか、シングルチャンネルでも全くもって大丈夫なんだと分かりました。

合計20GBになって

4GB x 4GB = 8GB だったメモリ容量が
16GB x 4GB = 20GB に増設してからすごく快適です。
やっぱり FreeNAS 11 をギリギリの8GBで運用するのは厳しいものがありました。

無駄が出た

4GBの2枚中1枚を外して16GBの1枚を代わりに挿したので、4GBの1枚が無駄になってしまいました。
DDRの仕様の事をもっと知っていれば最初っから1枚の8GBを買う選択肢も出てきたはずなので、無駄が出てしまったことを後悔しました。

ハードディスク:1台増設して、RAID 1 → RAID Z へ変更

ハードディスクは当初、
4TB x 4TB でミラーリングしていました。
使用可能領域は4TBです。
予算の関係もあったし、ケースにセット出来る3.5インチディスクのが2台までだったというのもあります。
でも運用していくとどうしても3台構成のRAID Zにしたくなり、コピーした容量のまだ少ないうちに変更しようかな、となりました。
後から変更するとデータ移したりフォーマットしたり大変そうな感じだし。
4TBの使用可能領域でもまだ3TB以上の空きがあったので十分といえば十分だったんですが・・・

RAIDの再設定

RAID 1 → Z へ変更するにはHDDのフォーマットなどが必要になってくるので、データ移して、新しいHDDをセットしました。
データを退避するのが実は一番めんどくさかったりします。
RAID Z 設定はブラウザから設定できるので、新しいのを認識してくれれば何とかなります。あとは最初の設定の時と同じことをしていき、NAS化します。
4TB x 4TB x 4TB = 8TB (RAID Z) の使用可能領域になりました。

ケースの中

今のところ1台は固定せずにケースの中に置いている感じです。
これはいい方法を何か考えなければ・・・。


こういうブログもありました。

人気のあるブログ: