ここ最近、外で仕事する事が多くなって、電源を確保できない場所の時に不自由を感じてました。
そこでMacBook Proを買った後に、これも買ってて良かったなと思ったのを2点紹介します。

1, MacBook Pro (13-inch, 2016)
2, 充電器 (ANKER)
3, ケーブル (USB Type-C)

MacBook Pro (13-inch, 2016)

まずは当然ですがMacBook Proです。

僕が買ったのはタッチバーなしのモデルです。
買う前に調べた時に感じたデメリット・メリットですが、

デメリット

  • USB Cのコネクタが2つ
  • タッチバーなし

メリット

  • バッテリーの持ちがいい
  • 安い

こんな感じでどれにするか迷いました。
デメリットのタッチバーはただ単に「今は我慢しよう、必要ない」と納得させました。
コネクタの件では最後まで迷いましたが、結局、HUB等の拡張機器で賄うということにしました。

そしてメリットの安さとバッテリーの持ちが良いという事が結構大きかったです。

公称では10時間バッテリーが持つらしいのですが、Web作ったりSwiftコンパイルしていると当然そんなには持ちません。
それでも5,6時間はもちますが、少々足りないという事がある時には充電器です。

充電器 (ANKER)

Anker PowerCore 13000 (13000mAh 2ポート)

iPhoneの充電器としてももちろん使えますが、MacBook Proの充電も少々なら可能でした。
使ってない時になど充電しておけば20%位は回復します。
おかげで少々足りなかったところを余裕で仕事できるようになりました。

ケーブル (USB Type-C)

USB Type-Cのケーブルは持ってなかったのでこれを買いました。

Sukix USB Type C ケーブル (1m) (ブラック) ナイロン編み

安かったのので少々心配でしたが、作りもしっかりしていて問題なく使えてます。

iPhoneのテザリングで

iPhoneのテザリングとMacBookで、調べ物などネット環境も外でも困らなくなりましたね。
10年前はちょっと想像できなかったな・・・。

こういうブログもありました。

人気のあるブログ: