こちらのサイトを利用してPython (Anaconda) でデータ解析の勉強をさせてもらおうと思います。
ハンバーガー統計学にようこそ!

4.4 実践編:ポテトの評価は?

まず、帰無仮説を立てます。
帰無仮説:(未)
次に、その逆である対立仮説を立てます。
対立仮説:(未)

ワクワクポテトを食べた女子高生 ワクワクの点数 モグモグポテトを食べた女子高生 モグモグの点数
1 1.0 80.0 1.0 75.0
2 2.0 75.0 2.0 65.0
3 3.0 80.0 3.0 80.0
4 4.0 95.0 4.0 85.0
5 5.0 90.0 5.0 75.0
6 6.0 80.0 6.0 80.0
7 7.0 85.0 7.0 80.0
8 8.0 90.0 8.0 70.0

ワクワクの平均 = 84.375
ワクワクの標準偏差 = 6.343057228182637
ワクワクの分散 = 40.234375
モグモグの平均 = 76.25
ワクワクの標準偏差 = 5.994789404140899
ワクワクの分散 = 35.9375

自由度 = 14

標本平均の差 = -8.125
推定母分散 = 43.526785714285715
差の標本標準誤差 = 3.2987416431984227
it = -2.463060426921489

自由度 有意水準5% 有意水準1%
1 1 12.706 63.657
2 2 4.303 9.925
3 3 3.182 5.841
4 4 2.776 4.604
5 5 2.571 4.032
6 6 2.447 3.707
7 7 2.365 3.499
8 8 2.306 3.355
9 9 2.262 3.250
10 10 2.226 3.169
11 11 2.201 3.106
12 12 2.179 3.055
13 13 2.160 3.021
14 14 2.145 2.977
15 15 2.131 2.947
16 16 2.120 2.921
17 17 2.110 2.898
18 18 2.101 2.878
19 19 2.093 2.861
20 20 2.086 2.845
21 21 2.080 2.831
22 22 2.074 2.819
23 23 2.069 2.807
24 24 2.064 2.797
25 25 2.060 2.787
26 26 2.056 2.779
27 27 2.052 2.771
28 28 2.048 2.763
29 29 2.045 2.756
30 30 2.042 2.750
31 40 2.021 2.704
32 60 2.000 2.660
33 120 1.980 2.617
34 1.960 2.576

5%の列の自由度 = 2.145

自由度14のt分布

[<matplotlib.lines.Line2D at 0x1132b1940>]

png

it(=2.463) > t(=2.145)なので仮説は棄却・・・だと思うけどこの辺の考え方はもっと勉強しなければいまいちピンとこないな・・・。

こういうブログもありました。

人気のあるブログ: