ラズパイZeroが来ました。
無線でつなげるまでの設定を最初は頻繁にやると思うので、設定した履歴など残してみたいと思います。

microSD インストールディスクの作成(Mac OS Xで作業)

とりあえず4GBのmicroSDraspbian stretch liteを書き込みたいと思います。

こちらを参考に

ラズパイ3の時はコマンドラインから dd コマンドなどでmicroSDに書き込みましたが、Zeroの場合はそれでは駄目なようでした。
起動せず。

Etcherというライティングソフトを使ってディスクイメージを書き込みました。

sshで無線LANに繋げるための設定(Mac OS Xで作業)

Zeroには電源以外は繋がない予定なので、いきなりですが同じ環境でやってみたいと思います。
こちらを参考に

microSDにファイルを2つ用意します。

ssidは無線のSSID名、pskはそのパスワードを入力です。

起動完了後、無線LANで接続(ラズパイZeroの作業)

ラズパイのIPアドレスを確認します。
僕はLanScanというソフトを使ってます。

確認終わったらZeroのIPアドレスでターミナルからアクセスします。

まずはアップデート

こちらを参考に

ソフトのインストール

固定IPアドレスの設定(ラズパイZeroの作業)

sshでログインする時、IPアドレスが変わると不便なので固定のIPアドレスを設定しました。

こちらを参考に
Raspberry Pi に固定IPアドレスを割り当てる方法(Raspbian Jessie)

とりあえず目標達成。

ここまでのディスク使用量

48%使用で、残り1.8GB。
使っていくとすぐなくなってしまいそうな残り容量。

これからラズパイZeroを何に使うか役立てるか・・・考えます・・・

こういうブログもありました。

人気のあるブログ:

Facebook にシェア
[`evernote` not found]
[`friendfeed` not found]