コマンドでYouTubeからダウンロードする

最近ようやっとチビ烏賊を釣った@CyberMameCANです。

さてさて、
YouTubeから動画のダウンロードにはMacTubeを使っていましたが、
ふとRubyからやってみたくなりました。
色々調べていたら、youtube-dlを使ったらターミナルから簡単に出来たので忘備録も兼ねて。
(なので今回はRubyは関係なしです・・・)

youtube-dl – GitHubをダウンロードして
MacのターミナルからYouTubeの動画をダウンロードしてみます。

ダウンロードしたファイルを解凍すると、構成はこんな感じになってました。

バイナリーファイルがあるのでこれを適当なパスが通っている場所に移動します。
僕は /usr/local/bin 下へ置くことにしました。

[shell]
$ mv bin/youtube-dl /usr/local/bin/.
[/shell]

ダウンロードは
youtube-dl -o [ダウンロード後のファイル名] [YouTube動画ページのURL]
になります。

試しに長嶋さんの動画をダウンロードしてみようと思います。
[shell]
$ youtube-dl -o ‘長嶋茂雄 事件簿 1/6.flv’ http://www.youtube.com/watch?v=GiWoW7SywkI
[/shell]

すごく簡単に出来ました。
ffmpegと組み合わせて、ダウンロードした動画をmp4に変換とか自動で出来そうですね。



こういうブログもありました。

人気のあるブログ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください