gitのインストールと設定と、sshキーの登録

gitを何故に今まで使わなかったのか後悔している@CyberMameCANです。

ちなみにgitギットと読むそうです。
今までジットと読んでいました・・・。

では分散バージョン管理システムgitを早速インストールしてみたいと思います。

前準備

インストールはMacBook Snow Leopardにします。

gitのインストール

Git ←こちらにアクセスして、
右下のDownload for Macよりダウンロードしてインストールしました。

インストール完了したらバージョンを確認してみます。
[shell]
$ git –version
git version 1.7.11.3
[/shell]

gitの設定

この辺を設定しておいたほうがいいみたいです。
(参考:ドットインストール #03 gitの設定をしよう
[shell]
$ git config –global user.name “お名前など”
$ git config –global user.email “xxxxxx@yyyyyy.zzz”
$ git config –global color.ui true
[/shell]

githubの認証

ちょっと飛びますが、
ローカルファイルをcommitしたものをgithubでpushするとRSA keyやらPermission denied (publickey)やらでエラーになりました。

githubの認証にはssh公開鍵というものが必要で、
この鍵を自分のコンピュータで作成して、
githubに登録しなければならないみたいです。

ssh 公開鍵の生成

[shell]
$ cd ~/.ssh
$ ssh-keygen -t rsa -C “xxxxxx@yyyyyy.zzz”
$ ls -l
id_rsa (秘密鍵)
id_rsa.pub (公開鍵)
[/shell]

秘密鍵と公開鍵の2ファイル出来あがります。

githubへ登録

githubへ登録したアカウントでログインして、

Account Settings → SSH Keys

と進み、
公開鍵のid_rsa.pubの内容をgithubのサイトで登録します。

[shell]
$ ssh git@github.com
[/shell]
上記コマンドでテストできます。

You've successfully authenticated, but GitHub does not provide shell access.
Connection to github.com closed.

シェルでアクセス出来ないけど成功しているみたいです。



こういうブログもありました。

人気のあるブログ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください