historyコマンドを簡単に使う

ターミナルを使っていてよく使うコマンドにhistoryコマンドがあります。

今は history とさえ打つのが面倒なので

.bashrcに

[sh]
alias h=’history’
[/sh]

と定義して h で history が実行されるようにしています。

以前に実行したのと同じコマンドを実行したい時

! の後にhistory番号を入力します。

例えば
1260 2013.07.20 10:34:29 ping 192.168.1.1
1261 2013.07.21 07:06:21 top
こんな感じで history がなっている場合、1260をもう一回実行したい時は

[sh]
$ !1260
[/sh]

とします。

history の絞り込み

history も増えすぎると見つけるのが大変なので、grep へ渡して絞り込みをする事もあります。

[sh]
$ h | grep ping
[/sh]

などとしますが、今はこれすら面倒で、

.bashrcに

[sh]
alias hg=’h | grep ‘
[/sh]

と定義して、例えば ping を実行したコマンドだけに絞り込みたい時は、

[sh]
$ hg ping
[/sh]

で簡単に history の絞り込みも出来るようにしています。


こういうブログもありました。

人気のあるブログ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください