Raspberry Pi Zero WH が来たので設定したときの参考サイトのリンクなど

ラズパイZeroが来ました。
無線でつなげるまでの設定を最初は頻繁にやると思うので、設定した履歴など残してみたいと思います。

microSD インストールディスクの作成(Mac OS Xで作業)

とりあえず4GBのmicroSDraspbian stretch liteを書き込みたいと思います。

こちらを参考に

ラズパイ3の時はコマンドラインから dd コマンドなどでmicroSDに書き込みましたが、Zeroの場合はそれでは駄目なようでした。
起動せず。

Etcherというライティングソフトを使ってディスクイメージを書き込みました。

sshで無線LANに繋げるための設定(Mac OS Xで作業)

Zeroには電源以外は繋がない予定なので、いきなりですが同じ環境でやってみたいと思います。
こちらを参考に

microSDにファイルを2つ用意します。

$ touch /Volumes/boot/ssh
$ emacs /Volumes/boot/wpa_supplicant.conf

country=JP
ctrl_interface=DIR=/var/run/wpa_supplicant GROUP=netdev
update_config=1
network={
    ssid="test"
    psk="abcd1234"
}

ssidは無線のSSID名、pskはそのパスワードを入力です。

起動完了後、無線LANで接続(ラズパイZeroの作業)

ラズパイのIPアドレスを確認します。
僕はLanScanというソフトを使ってます。

確認終わったらZeroのIPアドレスでターミナルからアクセスします。

$ ssh pi@[ZeroのIPアドレス]

まずはアップデート

こちらを参考に

$ sudo aptitude update
$ sudo aptitude upgrade
$ sudo aptitude dist-upgrade    # ディストリビューションを最新にアップデート
$ sudo reboot
$ uname -a

$ sudo rpi-update       # ファームウェアのアップデート
$ sudo reboot

ソフトのインストール

$ sudo aptitude install emacs

固定IPアドレスの設定(ラズパイZeroの作業)

sshでログインする時、IPアドレスが変わると不便なので固定のIPアドレスを設定しました。

こちらを参考に
Raspberry Pi に固定IPアドレスを割り当てる方法(Raspbian Jessie)

$ emacs /etc/dhcpcd.conf
 
interface wlan0
static ip_address=192.168.1.24/24
static routers=192.168.1.1
static domain_name_servers=199.85.126.10 8.8.8.8

とりあえず目標達成。

ここまでのディスク使用量

$ df -h

48%使用で、残り1.8GB。
使っていくとすぐなくなってしまいそうな残り容量。

これからラズパイZeroを何に使うか役立てるか・・・考えます・・・


こういうブログもありました。

人気のあるブログ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください