Raspberry pi3をUSBディスクでNAS化 with Samba

ラズベリーパイをNAS化してみたかったので、買ったまま放置してた64GBのUSBメモリを使って、設定してみました。

(参考サイト)
RaspberryPi2でMacとWindows両対応のNASを構築する

参考にさせていただサイトさんと同じような環境だったので、ほぼ同じように実行すればうまくいきました。

まとめると

USBディスクをexFATでフォーマット、この作業をMacでやって、

その後、ラズパイにアクセスしてから

  $ sudo apt-get install exfat-fuse exfat-utils # ラズパイにexFATを使えるようにするため
  $ sudo blkid  # UUIDの取得
  $ sudo fdisk  # ここで自動でマウントを設定
  $ sudo reboot
  
  $ sudo aptitude install samba # Sambaのインストール
  $ sudo emacs /etc/samba/smb.conf  # Sambaの設定
  $ sudo /etc/init.d/samba restart  # Sambaの再起動

詳しくは参考サイトなどご確認ください。

アクセスやSambaの起動でエラーの時

僕の環境では2つ程エラーが出てきましたが、こちらで解決できました。

(参考サイト)
【Raspberry Pi 3】sambaサーバーが接続できないときのハマリポイントまとめチェック

Sambaが起動しない時

  $ sudo service samba restart
  
  Failed to restart samba.service: Unit samba.service is masked.

こんな感じのエラーが出た時は

$ sudo /etc/init.d/samba restart

Macなどからアクセスしてもパスワードが一致しない時

Samba側でパスワードのチェックです。

確認は

pdbedit -L

何も表示されなければパスワードを設定していない事らしいので

パスワードを設定します。

sudo smbpasswd -a [Sambaユーザ名]

USBディスクは64GBで容量がそんなに無いので、MacとLinuxのファイルのやり取りなどに使ってみようかなと思います。


こういうブログもありました。

人気のあるブログ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください