元DeNAベイスターズの寺田光輝選手の言葉

「えっ、俺か!」驚きのドラフト指名からあっという間に終わったプロ生活 医学の道へ進む寺田光輝さん この記事の中で、グッときた言葉があったので紹介したいと思います。
「後悔だけはしないようにしてほしいと思います。『諦めなければ夢は叶(かな)う』とか、そういうものでもないと思います。全力を費やして芽が出なくても、良かったといえるまで頑張ってほしいなと。人生をかけて全力を尽くす価値のあるものを早く見つけられるといいよね、と思います」。思えば寺田さんは、節目節目で「後悔をしないように」という選択を取り続けてきた。「誰かの意見を聞くのも大事ですが、最終的に決めるのは自分です。環境が許す限り、信じた道を進んでほしいなと思います」

プロ野球は巨人ファンでセ・リーグの試合はよく見るんですが、元DeNAベイスターズの寺田光輝選手の記事が目に入りました。選手としての記憶は無いのですが、ドラフトの時、「筑波大学出身か⁉︎凄い!」と思った記憶があった程度です。自分が私大出身なので国立大学に少々コンプレックスを持っていたりします(^^; 選手名鑑を見てみたら2019年までは載っていたので、この年に戦力外通告されてしまったんだと思います。
そこからたった1年半足らずで東海大学医学部に編入されたということです。 プロ野球に入るくらい野球もやって、その後に医学部なんて凄いです。
自分の方が、もっともっと歳が行ってますが、見習わないといけないなって思いました。訳あってもう一度プログラミングを仕事にしようかとしているところなので、歳のことなどは気にせずにがむしゃらに頑張って、後悔しないように1日1日大事にしていかなければと思いました。

2022年10月9日

ベイスターズから戦力外通告を受けた私に、梶谷隆幸さんが涙ながらに語ってくれた言葉
「テラ、はっきり言ってお前は入ってきた時から絶対生き残れないと思ったよ。絶望的にセンスがないし、身体も強くない。むしろよくプロの世界まできたなって思ったよ。でもお前、次の道ではなんとかするんだろ? 命懸けでやるんだろ? 俺はそうだよ。家族ができて、守るものができて、毎日命懸けで野球やってるよ。お前も絶対、命懸けで次の道で頑張れよ」 https://bunshun.jp/articles/57423?page=2
本日、寺田さんの別の記事を見つけました。プロ野球は華やかな世界ですが、裏では人間臭い部分もあるんですね。梶谷さんの言葉も良いですね。来年は怪我を治して、是非一年活躍してもらえたらと思います。

こういうブログもありました。

人気のあるブログ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください