ターミナルを抜けても実行続けてくれるコマンド-nohup

最近、と言ってもここ数日ですが、Beegoを勉強しています。簡単なWebアプリを作ってますが、まだ慣れなくて進捗は良くないけど、しばらく続けてみようと思っているこの頃です。 このBeego、Golangのフレームワークなので、バイナリのアプリが出来るのですが、 どうやってデプロイするんだろう? と気になって調べたら、nohupというコマンドがあるのを知りました。
(LinuCの試験に出てきてたかな・・・? 記憶がない。) 私のUbuntuやMacにも標準で入ってました。 使い方は以下などが参考になると思います。 Beegoで作ったGolangアプリの実行はまだ試してませんが、忘れないようにしたいコマンドです。

P.S

docker-composeを使うのなら
    docker-compose up -d
とか -d を使えばいいですね。

こういうブログもありました。

人気のあるブログ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください