自作機PCの紹介。機械学習やらDocker動かして使ってます

約2年前に作ったAI学習用自作PCの紹介です。もう古いモデルなってしまい、あまり参考にならないかもしれませんが。。。
UbuntuとPythonで競馬予想AIを作るための自作PCです。久々の自作PCになります。
自作パソコンパーツたち

このパーツを選んだ理由

Ryzen3600, M.2 500GB, メモリ 16TB, 電源 750W GOLD
  • 予算を12万円以内に収めたかった
  • GPUはAI学習のためにNVIDIAの2000番代がほしかった(RTX2070か2060SUPER)
  • 最近のRyzenが使ってみたかった。TDPも低くランニングコストが良さそうだった
  • AI自作PCはゲーミングPCを作るようなイメージで、とどこかで読んだ
  • チップセットはX570だったら、もしCPUを新調したくなっても対応可能と思った
  • M/BにMSIを選択したのでビデオカードもMSIだと安心だと思った

以下が選んだパーツになります

CPU: AMD Ryzen 5 3600
M/B: MSI MPG X570 GAMING PLUS ATX マザーボード AMD X570チップセット
ビデオカード: MSI GeForce RTX 2070 VENTUS GP GEFORCE RTX 2070 8GB 256-bit GDDR6 PCI Express対応ビデオカード
M.2: Crucial Crucial M.2 2280 NVMe PCIe Gen3x4 SSD P1シリーズ 500GB CT500P1SSD8JP
メモリ: CFD販売 クルーシャル W4U2666CM-8G 2枚計16GB
電源: 750W PC電源 80PLUS GOLD認証取得 高効率高耐久電源ユニット NeoECO NE750 GOLD
ケース: U4S (Silver)
予算以内には収まったと思います。ポイントも貰えたお店もあったし。
これで普通に使う分には動きました。
購入したケースは見た目がカッコイイので良かったのですが、裏配線出来るケースの方が良かったかもです。
裏配線はコードがすっきりして綺麗だけど、パーツ追加したり入れ替えたりが面倒かなと言う気がしていたのでこだわってはいなかったのですが、最近のCPUは裏から留めるタイプらしく、その留めるのが外れてしまったらパーツを分解してイチからやり直しになってしまいました。もしかしたら良い対策方法があるのかもしれませんが・・・

不満だったところ

使い始めると不満な点も出てきました。
  • DockerやVirtualPCを使い始めてからM.2の残り容量があっという間に消費していった(1年で500GB使い切った)
  • 上記にプラスして機械学習をしていると、メモリ使い切ってフリーズが多発しだした(SWAPの容量を1GBに設定するというミスにも気づかなかった)
  • CPU使用率が上がると温度が100度近くなって、純正クーラーでは心配になってきた

後から追加購入

温度管理はしたほうがパーツの寿命が伸びるかなと思い、追加購入しました。
メモリとM.2の容量も追加購入しましたが、これは足りなければ追加購入の予定だったので想定内でした。
CPUクーラー: 虎徹 MarkII  SCKTT-2000
ケースファン: サイズオリジナル設計高密度密閉型FDB採用 防振ラバー搭載 120mmファン KAZE FLEX PWM 300~1200rpm SU1225FD12M-RHP
追加HDD: 東芝 (バルク品)3.5インチ 内蔵ハードディスク 4.0TB DT02 シリーズ DT02ABA400
追加メモリ32GB: Crucial PC4-25600 (DDR4-3200)288pin UDIMM 32GB(16GB×2枚) CT2K16G4DFRA32A
追加M.2: キオクシア(KIOXIA) M.2 Type2280 SSD 1TB EXCERIA NVMe SSD 5年保証 国産BiCS FLASH搭載 SSD-CK1.0N3/N

自作して分かったこと・・・

  • 機械学習を勉強しても初期の頃はGPUを使うことがめったに無く、結局CPUの負担が大きい事が分かった。
  • クーラーは後から交換するより、最初に安いのでも買ってたほうが良かった。CPUスッポンするし、組んだPCもう一回バラさないといけないし面倒くさいし、神経に良くないし。
  • UbuntuのLVMのおかげで、M.2の追加が楽だった(LVMの勉強は時間掛かったけど)
以上になります

こういうブログもありました。

人気のあるブログ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください