FreeNASの仮想マシン上に、DockerコンテナでNextCloudをインストールした話

NextCloudをFreeNASのプラグインからインストールしようとしたら、エラーが出てインストールできなかったため、

FreeNASの仮想マシン上に、DockerコンテナでNextCloudを構築しました。

失敗

まず試したのは、FreeNASの公式プラグインでNextCloudをインストールしたことでした。ですが何回やっても途中で失敗します。
原因がわからないのでしばらく諦めていたんですが、

仮想マシン上にDockerコンテナで作るって手もあるな

最近ようやっとDockerに免疫が出来てきたので、NextCloudコンテナ構築出来ないか考えました。
私のFreeNASは非力なマシンで動いているため、仮想マシンの実行は無理がありそうな気がしなくもなかったですが、モノは試しとやってみました。

設定

仮想マシンの設定はこんな感じでやってみました。
  • Ubuntu 20
  • CPU: 2コア
  • メモリ: 3GB (画像は2GBで作ってたときのものです。3GBは余裕があり過ぎたかも…)
  • 容量: 30GB
仮想マシンでLinux起動まで対して躓くこと無く出来ました。
その後、通常通りDockerとcomposeインストールしてコンテナ作れるところまで設定終わりました。

仮想マシンの使用感

SSDじゃないことを考えたら結構サクサクと動いているかも。ストレス無く使えそうです。

NextCloudのコンテナ

早速、NextCloudのコンテナ作って起動させました。

docker-compose.yaml

version: '2'

volumes:
  nextcloud:

services:
  app:
    image: nextcloud
    container_name: project-nextcloud
    ports:
      - 8080:80
    volumes:
      - nextcloud:/var/www/html
      #- ./sqlite:/var/www/html
    environment:
      TZ: Asia/Tokyo
    restart: always

NextCloudの起動

少々もたつく事もあるにはあるんですが、大丈夫な範囲で使えてます。

最後に

  • 普通はプラグインで使うほうが簡単だろうと思いました。
  • 公式プラグインではMySQLをインストールしていたように見受けられましたが、どうせ個人的に使うので、軽くsqliteで良いんじゃない?と思ったので、Dockerで使うのも有りかもです。
  • FreeNASはファイルサーバ用途だけでしか使い方を考えていませんでしたが、プラグインや仮想マシンなどの技術も簡単に試せるので、少々良いスペックのPCにSSDとかで構築すれば用途も広がりそうと思いました。
以上になります

こういうブログもありました。

人気のあるブログ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください