Logo_of_Hugo

HugoをDockerで試してみる 静的サイトジェネレータ

Hugoとは・・・

HugoのWebサイトにはこんな感じで書いてあります。
The world’s fastest framework for building websites

Hugo is one of the most popular open-source static site generators. With its amazing speed and flexibility, Hugo makes building websites fun again.
DeepL翻訳すると
世界最速でウェブサイトを構築するフレームワーク

Hugoは、最も人気のあるオープンソースの静的サイトジェネレータの1つです。驚異的なスピードと柔軟性を持つHugoは、Webサイト構築を再び楽しいものにしてくれます。
まだ半日程度の使用ですが、良い感じでWebページ(の原型)を作れそうです。

静的サイトジェネレータ

ルールに沿って書いていけば簡単にHTML+CSS (+JavaScript)のWebサイトを出力してくれるので便利です。
この種でいうとRuby製のJekyllを使っていましたが、Golang製のHugoも候補に入れてみたかったので試してみることにしました。

インストール

いつものようにdocker-composeでコンテナ作成します。

docker-compose.yml

コメント部分(command: server ~)を有効にすれば自動でHugoサーバを起動してくれるみたいですが、私はコンテナに入ってから起動することにしました。
version: '3'

services:
  hugo:
    container_name: myhugo
    image: klakegg/hugo:0.101.0-ubuntu
    user: '${UID}:${GID}'
    volumes:
      - ".:/src"
    entrypoint: bash
    #command: server --buildDrafts --buildFuture --bind 0.0.0.0
    ports:
      - "1313:1313"
    tty: true
    working_dir: /src

.env

idコマンドなどで自分のuid, gidを調べて、その数値を書き込みます。shell scriptで取ってくることも出来そうですが、まだやってません。
UID=XXXX
GID=XXXX

コンテナ作成と起動

$ docker-compose up -d

コンテナ内で作業

Hugoはコンテナ内で作業することが偶にあります。
$ docker container exec -it myhugo bash

プロジェクト作成

exampleという名前でプロジェクトを作成してみます。
(コンテナ内)
$ hugo new site [example]

(プロジェクト内で)サーバ起動

(コンテナ内)
$ cd [example]
$ hugo server --buildDrafts --buildFuture --bind 0.0.0.0

ファイルやフォルダの作成

postsというフォルダ内にexample1.mdというファイルを作成するコマンドです。
(コンテナ内)
$ hugo new posts/example1.md
このファイルにWebページにMarkDownで記述をしていくことになります。 静的HTMLファイルの作成 まだ試していない。
(コンテナ内)
$ hugo

テーマのダウンロード

ダウンロードはコンテナの外で実行しようと思います。
(プロジェクトのフォルダにいる状態で)

$ cd themes
$ git clone https://github.com/budparr/gohugo-theme-ananke.git  # 目的のテーマ

ブラウザで確認

Webページの表示を確認する時は、ブラウザで下記にアクセスします。
http://localhost:1313

参照

HugoでWebページを作っていく上で参考になりました。 とりあえず以上になります

こういうブログもありました。

CyberMameCAN
  • 鹿児島県の出水市という所に住んでいまして、インターネット周辺で色々活動して行きたいと思ってるところです。
    Webサイト作ったり、サーバ設定したり、プログラムしたりしている、釣りと木工好きなMacユーザです。
    今はデータサイエンスに興味を持って競馬AI予想を頑張ってます。

LinuxWebサイト作成

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください