最近、GolangのBeegoというフレームワークを使ってWebアプリを作っているのですが、公開するためにAmazonのLightsailを候補にしようかなと思ったので、テスト環境を作ってみることにしました。

手順としては以下の流れかと思うのですが、

  1. AWSにLightsailのインスタンスを作る
  2. Docker入れて、build
  3. Nginxを起動
  4. 表示されるかテスト

これはどうみても時間結構かかるなって感じなのですが、

ネットの情報のおかげで意外と簡単に出来ました。
1時間位で公開するWebサーバが出来てしまうのは凄い時代ですね。

特に参考にしたサイト

色々なサイトで勉強・確認させていただいたのですが、特に参考になったサイトを紹介したいと思います。

  1. Ubuntu 20.04へのDockerのインストールおよび使用方法
  2. 【Docker入門】AWS lightsail上にdocker+docker-composeを入れてnginxにアクセスしてみる

Dockerのインストール

上記サイト「1」の通りに実行すれなうまく行きました。
とりあえず打ち込んだコマンドだけログとして残したいと思います。

起動していることを確認して
(groupaddでは、dockerはすでに追加されているというエラーが出ました)

コマンドプロンプトを見ればユーザ名(ubuntu)は分かるんでしょうが、一応確認して、そのユーザを追加します。

dockerを再起動して、

情報確認します。

いきなり実行すると、エラー内容は失念しましたが、socketとかのエラーが出ていたと思います。下記エラーが出ますが
これは再ログインする事で解決し、バージョン情報とか出てくると思います。

docker-compose

今回は使いませんが、ついでにdocker-composeもインストールしました。

NginxをDockerでインストールする

まずはうまく行った時に表示される「test」と書かれたindex.htmlを用意します。

Dockerfileに設定書いて、ビルドして実行します。

Nginxが有効に立ち上がってるか確認

ローカルで確認

外部ネットワークから確認

Lightsailはデフォルトで22番と80番が開けてあるので、特に何もする必要はなさそうです。
管理のメニューからパブリック IPを確認して、ブラウザかもしくは下記で確認。

どちらも「test」と表示されれば成功です。


こういうブログもありました。

人気のあるブログ: