Mac本体をBeaconの発信機に設定してみる

BeaconのサンプルをiOS用に作ってみたんですが、肝心な発信機は持ってなくて、何か方法は無いものか調べてたらMac本体を発信機にする方法があるんですね。

たった6行!最も簡単にiBeaconの電波を「発信」する方法

こちらを参考にして設定をしてみました。

Node.jsのダウンロード&インストール

http://nodejs.org/よりパッケージをダウンロードしてインストールします。
今回はv7.8.0 Currentというバージョンをダウンロードしました。

bleaconのインストール

次に適当なディレクトリに移動してからbleaconをインストールします。


$ cd [path/to]
$ npm install bleacon

するとこんなエラーが出ました。

gyp ERR! configure error
gyp ERR! stack Error: Python executable "/anaconda/bin/python" is v3.5.2, which is not supported by gyp.
gyp ERR! stack You can pass the --python switch to point to Python >= v2.5.0 & < 3.0.0.
(省略)

Pythonのバージョン3.5で引っかかってるようです。
バージョン指定でインストールし直します。

Error: Python executable “python” is v3.4.3, which is not supported by gyp.


$ npm install  --python=python2.7 bleacon

warningでましたが一応成功しました。

ちょっとここは勘でやってしまったのですが、以前anacondaを入れた時にPython3.5になった記憶があるのですが、それ以前が2.7がインストールしてあったのでうまくいったのかもです。

Pythonのバージョン管理など、rbenvのようにはまだまだ使えてません・・・

設定ファイルの作成


$ emacs beacon.js

Bleacon = require('bleacon');

var uuid = '0ED104999FD247A8A67EFD2FEA07BF2B';
var major = 0;
var minor = 0;
var measuredPower = -59;

Bleacon.startAdvertising(uuid, major, minor, measuredPower);

uuidを受信側のidと合わせるだけで、このへんはお決まりでいけると思います。

発信開始


$ node beacon.js

こういうブログもありました。

人気のあるブログ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください