ubuntu

Ubuntu18にVisual Studio CodeをAPTでインストール

Visual Studio CodeUbuntu18にインストールした時の自分ログです。
インストーラーからインストールしたのか、aptでインストールしたのか、すぐ忘れてしまうので。

手順

Visual Studio Code on Linux
本家のここにある通りにしました。

実行したコードだけを残すと

前準備

$ wget -qO- https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc | gpg --dearmor > packages.microsoft.gpg
$ sudo install -o root -g root -m 644 packages.microsoft.gpg /etc/apt/trusted.gpg.d/
$ sudo sh -c 'echo "deb [arch=amd64,arm64,armhf signed-by=/etc/apt/trusted.gpg.d/packages.microsoft.gpg] https://packages.microsoft.com/repos/code stable main" > /etc/apt/sources.list.d/vscode.list'
$ rm -f packages.microsoft.gpg

インストール

$ sudo apt install apt-transport-https
$ sudo apt update
$ sudo apt install code

実行

VS Codeの実行はターミナルで
$ code

以上でした。


こういうブログもありました。

CyberMameCAN
  • 鹿児島県の出水市という所に住んでいまして、インターネット周辺で色々活動して行きたいと思ってるところです。
    Webサイト作ったり、サーバ設定したり、プログラムしたりしている、釣りと木工好きなMacユーザです。
    今はデータサイエンスに興味を持って競馬AI予想を頑張ってます。

Linuxプログラミング開発

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください