Unityを勉強してみた

年末年始の2日間を利用して、Unityでのゲーム作りを体験(勉強)してみました。
3つのチュートリアル動画を参考に作ってみましたが、まだ動画通りにしか作れませんが、動くのが作れただけで夢が広がる感じがしました。 目標は・・・昔、MacOS8用だったと思うのですが、まだCPUに68kかPowerPCだった時代、ColumnsMAXという落ちものゲームがすごく大好きで面白くて、このゲームを作ってみたいな、と。もしかしたらUnityなら出来るんじゃないかと。頑張ってみたいです。

参考にしたサイトなど

環境など

  • Unity, C#は初めて
  • プログラム経験はCとかPythonとかSwiftとかGolangなど
  • 開発は古いMac mini 2012年モデルで

学んだ動画

最近はYoutubeで学習できるので便利ですね。
初学者でも大丈夫そうなチュートリアルを3つほど動画通りに実行して作りました。2Dを選択しています。

1つ目: Unity入門に最適な、テトリス講座【Unity】

どうせなら馴染みがあるゲームが分かりやすいと思ったので、テトリスを作る動画を一番にやってみました。2時間ほどですがスピードもちょうど良く、解説が丁寧なのでいい体験になりました。Unityの使い方も初めての自分にもわかるレベルで、あまり迷わずに動かすところまで辿り着けました。

2つ目:【Unity】初心者向けに2Dゲームの作り方を解説します【ひろはす】

ブロック崩しを作成する30分ほどの動画です。こちらを先にやっても良かったかなと思いました。こちらも丁寧に解説してあって、ちゃんと動くところまで出来ました。

3つ目:初心者のための2Dエンドレスランナーを作成する方法-簡単なUnityチュートリアル

英語での解説です。WebGLを使ったエンドレスランナー系の横スクロールタイプです。フライングバードの重力がないバージョンって感じでしょうか。
30分ほどの動画ですが、かなり操作が早いので何回も戻りつつやって3時間ほどかかりましたが、リリースの方法などいろいろな手法が学べて良かったです。
上記2つを先にやったおかげだと思いますが、こちらもなんとか最後まで辿り着けました。
ゲーム作れるようになったら楽しいだろうな。頑張ろう。以上です。

こういうブログもありました。

人気のあるブログ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください