FAHClient ‘PRAGMA synchronous=NORMAL’: database is locked

FAHClientを実行していたUbuntuマシンでカーネルパニックが起きてしまいました。なんとかかんとかまた立ち上がるようになったのですが、FAHClientのログを見ていたら下記のエラーが出てました。
ERROR:Exception: Error executing: 'PRAGMA synchronous=NORMAL': database is locked
データベースにロックが掛かっているためのエラーみたいです。
こう言う時はプロセス番号を確認して、FAHClientをkillすれば元に戻るかもしれません。
$ ps auxw | grep FAHC
$ sudo kill -9 プロセス番号
$ sudo systemctl restart FAHClient.service
以上になります

こういうブログもありました。

人気のあるブログ:

FAHClient ‘PRAGMA synchronous=NORMAL’: database is locked」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください