FAHClient ‘PRAGMA synchronous=NORMAL’: database is locked

FAHClientを実行していたUbuntuマシンでカーネルパニックが起きてしまいました。なんとかかんとかまた立ち上がるようになったのですが、FAHClientのログを見ていたら下記のエラーが出てました。
ERROR:Exception: Error executing: 'PRAGMA synchronous=NORMAL': database is locked
データベースにロックが掛かっているためのエラーみたいです。
こう言う時はプロセス番号を確認して、FAHClientをkillすれば元に戻るかもしれません。
$ ps auxw | grep FAHC
$ sudo kill -9 プロセス番号
$ sudo systemctl restart FAHClient.service
以上になります

こういうブログもありました。

CyberMameCAN
  • 鹿児島県の出水市という所に住んでいまして、インターネット周辺で色々活動して行きたいと思ってるところです。
    Webサイト作ったり、サーバ設定したり、プログラムしたりしている、釣りと木工好きなMacユーザです。
    今はデータサイエンスに興味を持って競馬AI予想を頑張ってます。

Linux

1件のコメント

  • 匿名

    Thank you for your work!!!!!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください