LinuC304を受験してきました

linuC304とは

LinuCレベル3 304 Virtualization & High Availability
仮想化やロードバランス、フェールオーバークラスタの知識を問う資格試験になります。

結果から言うと

運良く合格することができました!
800点中の626点(520点が合格ライン)でした。
これで晴れてLevel3獲得です!

試験雑感

私が受験前に気になっていたことが、「Ping-tだけで合格できるのか?」でした。
合格された方の記録を拝見すると、Ping-tと黒本の2本柱で勉強されている方がほとんどだったのですが、黒本はLPICの公式本なので使う事に躊躇していました。
そこでPing-tだけに学習教材を絞って受験したらどうなるか。LinuCレベル3 304試験学習向け問題集はPing-tだけが紹介されているので、これだけで合格できるはずだよな・・・という思いです。
2回目の受験は5,000円で受けられるので、とりあえずPing-t1本で勉強進めて受験して、駄目だったら黒本を買って再学習しようかなと計画しました。落ちたら問われる内容次第ではありますが、実機でもっと色々試すなり、慣れて知識を増やせばいいかなという気持ちです。
1回目は模試のつもりで受験してみることにしました。

実機での演習

VirtualBox上にLinux Mintをインストールして、KVMなどのテスト環境にしました。
VagrantからVirtualBoxへCentOS7のBoxを構築し、Xenなどのテスト環境にしました。
Raspberry PiのラズビアンにLXDの環境を構築し、LXCのテスト環境にしました。

Web問題集Ping-t

ちょうどよいタイミングでWebサイトが新しくデザインされたので、進捗状況などが分かり使いやすかったです。飽きずに勉強していけました。 問題を10問解いて >> 答え合わせして >> 解説読んで、を繰り返していきます。
終盤は実際の試験問題と同じように60問の模擬試験を何回か繰り返しました。 そのうちPing-tの問題集に過学習しそうになってきたので、学習レベル18の時に受験してみることにしました。 模擬試験では80%前後の正答率でした。

似たコマンドやパラメータ対策として

学習が全体に渡ってくると、ソフトウェアによるコマンドやパラメータ、設定ファイルのオプションなどが混ざってしまったので、これらを整理する表を作ったり、設定ファイルを何回か眺めてみたりしました。

試験終わって

時間は10分程余ったので見直しも出来ました。試験は想像より難しかったです。もっとPing-tに似た問題が出されるのかなと思っていました。
正直、ギリギリ受かってるか、受かってないかって感じしてましたが、受かってラッキーでした。
色々知識も増えて、勉強してよかったです。
LXD, KVM, HAProxy, LVS, Pacemakerなどこれからで使っていけたらと思います。
引き続き学習して行こうと思います。
以上になります

こういうブログもありました。

人気のあるブログ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください