NASのマウントにsshfsを試してみた

こちらの記事を読んでいたら便利な事が出来るんだ〜と思い、試してみることにしました。 これまではNASのマウントはSambaやNFSを使っていましたが、sshfsはsshの設定をしたついでにマウント出来そうなので知っていて損はなさそうですね。

sshfsをインストール

クライアントソフトになります。こちらを参考にしました。

環境

  • マウントする方:Ubuntu20.04
  • マウントされる方:FreeNAS
$ sudo apt -y install sshfs

準備や設定

両者間のSSHは設定済みとします。
マウントポイントの為にフォルダを作成して実行してみます。
$ mkdir ~/sshmnt

マウントしてみる

以下の環境でマウントしてみます。
  • NAS Serverのアドレス -> 192.168.XXX.XXX
  • NASのマウントするパス -> mnt/tank/nasserver
  • ユーザ名 -> username
$ sshfs username@192.168.XXX.XXX:/mnt/tank/nasserver ~/sshmnt/
これだけで~/sshmntにNASがマウントできました。

アンマウント

$ fusermount -u ~/sshmnt

allow_otherオプションを付けてみる

まだちょっと理解不足ですが、今のユーザ名と、NASのユーザ名が違う時に付けるオプションなのでしょうか。付けなくても一応マウントは出来ているようですが、設定してみます。 /etc/fuse.confを開いて、user_allow_otherのコメントを外します。
$ sudo vim /etc/fuse.conf

# Allow non-root users to specify the allow_other or allow_root mount options.
user_allow_other  <- ここを編集
$ sshfs -o allow_other username@192.168.XXX.XXX:/mnt/tank/nasserver ~/sshmnt/
同じようにマウントできました。

設定を書き換えなければ、こんなエラーが出ました

fusermount: option allow_other only allowed if 'user_allow_other' is set in /etc/fuse.conf
以上になります

こういうブログもありました。

人気のあるブログ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください